緊急事態宣言 ~ 一人ひとりの力を信じよう! ~

  新型インフルエンザ等対策特別措置法(コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言が4月8日に発動されました。東京都での感染拡大、医療崩壊寸前となっている現実があり、都への流入人口が約107万人の神奈川県でも感染拡大が続いています。感染の終息に向けて、日常活動の制限は必要と考えます。

  一方で一人ひとりの行動を制限し、最低限の生活の保障や子どもの学習権の問題は先送りされ、公共施設の閉鎖やイベントの中止は表現の自由にも影響しています。長い時間をかけて市民が手にした権利が、一瞬で無くなっているように感じます。

  さらに私たちは、豊かな市民社会をつくるために、人と人が繋がり、市民のセーフティネットを地域の中で構築してきました。しかし、テレワークやオンライン学習など、人と人が直に繋がる場面がなくなることへの抵抗感が薄れている状態がこのまま継続しないか心配です。

  今回の緊急事態宣言について、監視社会へと繋がる可能性があると危惧する声もあります。「緊急時には仕方ない」と、危機感を煽り市民の行動を監視する社会にならないよう、市民自らが自覚を持ち、行動を自粛することが必要です。そのためには、正確な情報を提供する行政の責任は大きく、報道機関にも不安を煽ることのない情報提供を求めます。

  先の見えない状況に、誰もが不安になっています。でも、このような時だからこそ、市民力を発揮し「わたし」ができることを地域から見つけアクションしていきます。