神奈川県議会報告レポート〜青少年問題を議論する場はどこ?

2015年5月12日 11時51分 | カテゴリー: 活動報告

 新しい任期が始まり、特別委員会設置について議運世話人会で議論がありました。

これまで同様、
1・ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会
2・行財政改革・地方分権特別委員会
3・安全安心推進特別委員会
4・教育・社会問題対策特別委員会
5・経済活性化・産業振興特別委員会
以上の5つの特別委員会が継続設置されることが決定しました。
 
そのなかで、これまで青少年健全育成については4番目の教育・社会問題対策委員会の中で、議論されることになっていました。しかし、今年の2月の川崎市で起こった事件を考慮し、事件に対する対処として安全安心推進特別委員会の事項にすることが提案され決定してしまいました。この安全安心推進特別委員会で、議論されるのは
地震・災害対策について
危険薬物対策について
交通安全対策について
米軍基地問題について
そして、青少年問題についてです。
これらの課題と並んで議論されることでしょうか?
 
確かに川崎市南部地域での夜間の中学生以上の子どもたちの素行について大きな問題と認識しています。しかし、その行動に至るまでに、子どもたちも何度も信号を発し、悩み苦しんでいる子どもや家庭についての支援を考えず、取り締まりや規制するだけでは、なんの問題解決にはなりません。
 
残念ながら、交渉会派ではないため、発言の機会もなく決定しまいましたが、これからも、青少年健全育成の問題は『子どもの人権』という角度から、取り組んでいきたいと思います。