全国菜の花サミットin東近江~菜の花プロジェクトはほんまに地域を元気にしたんかいのぉ?

2015年5月1日 02時35分 | カテゴリー: 活動報告

今年で15回目になる菜の花サミット。

琵琶湖の水質汚染の解決のために市民が出来ること。生活を見直し、持続可能な経済を探りながら、新しい時代を切り拓く活動をネットワークしよう。と始まったサミット。いろいろな活動団体が集う場に参加してきました。
 
Food  Energy Care 地域の中で循環させていく事例報告がありました。
 
乳牛を飼育する酪農家から、アイスクリーム(ジェラート)に加工する事業展開から、獣害の鹿を料理するレストラン、里山を知ってもらうキャンプ場まで展開している池田牧場さんからの報告。
 
私たちは、自然の中で生かされていることに感謝し、伝えるための事業をしているとの報告には、知らずに傲慢になっている私たちの生活に気づかされる優しい語り口の中に強い想いが詰まっています。
 
そして働き・暮らし応援センターの施設長さんから、障がい者就労支援センターのはずが、地域の中にある課題を解決させるために、引きこもりだった若者や障がいを持つ人の持っている力を借りて、地域課題を解決させる。逆転の発想で地域を盛り上げる。そんな事例報告です。
 
どちらの活動も女性のPowerが炸裂していました。
想いと実行力。
 
やっぱり想いが地域を変える。と実感したサミットでした。