成人の日に〜21世紀を創るみなさんへ〜

2015年1月12日 19時20分 | カテゴリー: 活動報告

新成人のみなさん、ご家族のみなさん、おめでとうございます。

20年前、みなさんがこの世に産まれ、初めてのお正月を過ごした後の1月17日に阪神淡路大震災が起こりました。
その後の3月、地下鉄サリン事件が起こりました。
5月には、オウム心理教の強制家宅捜査で世の中が震撼したことを覚えています。
 
それから20年の間、いろいろなことがありました。
 
報道されることだけでなく、みなさんの20年の歴史には既に沢山のページがあると思います。
 
でも、ひとつ忘れないでほしいことがあります。
 
暴力は暴力では解決しない。暴力の連鎖しか生み出さない。ということ。
言葉の暴力も、精神的暴力も、すべて力で抑圧してもなんの解決にもなりません。
誰かを傷つけることが、どれだけ自分の深い傷になって残ることか。
地位や権力にすがって、力を振りかざしても、誰も付いて来てはくれないことを。
 
それはきっと、みなさんの20年の歴史のなかで、気がついていることと思います。
でも、これから成人となり、自分のことは自分で守る。新しい家族を守ることもあるでしょう。守られていた立場から守る立場に変わっていく。
 
だからこそ。
 
まずはいつも頑張っている自分を褒めましょう(^^)
そして、次に他者を受け入れましょう。
深呼吸して、そうだよね。そうなんだ〜 って、言ってみましょう。
 
きっと、違う角度から、ものごとが見えてきます。
力を振りかざし、誰かを弱者に仕立てて、地位を確立することは出来ない。
それはこれまでの歴史が物語っています。
 
新しい世紀と言われた21世紀が、どんな世紀になるのか、作っていくのは
これからのみなさんです。
 
だから、暴力の連鎖だけは、断ち切りたい。それが願いです。